O脚は生まれつきなの?

O脚は生まれつきなの?

O脚は生まれつきなのでしょうか?実は、赤ちゃんは生まれたときはほとんどと言って良い程、O脚なのです。
これが成長するにしたがって、10歳くらいまでに自然と普通の形状になってくると言われています。
つまり、成人のO脚のほとんどは、その後の生活によるものが多いのです。
これは、後天的な原因と言っていいでしょう。
では、生まれつきのO脚というのは、どういう場合を言うのでしょうか?人は生まれたときは元々O脚なのですから、後天的な原因でなるのではなく、いわゆる先天的な原因を言います。
先天的な原因としては、遺伝があげられます。
遺伝ですので、親のO脚になりやすい体質が受け継がれていると言った方が良いでしょう。
また、骨格がO脚になりやすいのかもしれません。
実際に親がO脚だと、子供もO脚であることが多いです。
しかし、遺伝がO脚の原因というのは、非常に稀です。
O脚は、先天的な要因よりも、後天的な要因の方が圧倒的に多いです。
O脚を自覚している人は、その原因に心当たりがあることが多いでしょう。
ちょっと体に悪い習慣を続けることでO脚になったりしますので、普段の習慣を見つめ直すことが大切です。
O脚は改善が望めますから、専門の治療施設を訪れて、改善を図ることをオススメします。
ただ、もし、先天的な原因でO脚だった場合には、完全に改善するのが難しいこともあるかもしれません。
一度改善しても、またなってしまう可能性が高いです。