O脚にも種類がある?

O脚にも種類がある?

O脚はほとんどの人がご存じだと思いますが、O脚にも種類があるというのをご存じでしょうか?O脚と言えば、ほとんどの人が、脚を閉じても内側がくっつかない、そのまんまOの形の脚をイメージすると思います。
それでは、O脚の種類について見ていきましょう。
O脚は大きく分けると、以下の三種類になります。

 

・O脚
つま先とかかとを揃えた状態で立ったときに、太もも・ひざ・ふくらはぎ・くるぶしのいずれか一つでもくっつかない状態を言います。
Oの形の脚を想像してみても良いでしょう。
日本人に一番多い典型的なタイプのO脚です。

 

・X脚
膝の内側はくっつくものの、左右の膝が軽くあたるように立つと、脚が揃わずに、Xという文字のように見えます。
欧米人に多いと言われています。

 

・XO脚
骨盤から膝までがX脚で、膝から下がO脚の形状をした脚を言います。
脚の形が複雑に歪んでいるタイプで、近年、日本人にも増えている傾向にあります。

 

自分がどのタイプのO脚なのかで、対処法が全然変わってきます。
間違った対処法を行っても、改善はされないので、まずは自分がどのタイプのO脚かを確認することが大切です。
また、体型や原因、歪みなどによっても細かく分類されることがありますから、専門の治療施設を訪ねてみるのも良いでしょう。
自分に合った改善方法を教えてくれるはずです。
O脚の改善には、正しい基礎知識が必要なのです。
それに、O脚になった原因を突き止めることも大切です。