X脚とO脚の違いって?

X脚とO脚の違いって?

O脚は両膝をくっつけることが出来ず、脚と脚の間に隙間があいてしまっている状態のことを言います。
その隙間がOの形に見えることから、O脚と呼ばれているのです。
そして、実は、日本人の大半がO脚なのだそうです。
O脚の程度にも差があるのですが、よく調べてみると、O脚でない日本人の方が少ないくらいなのです。
なので、あまりにも重度の方であれば矯正する必要があると思いますが、軽度の方でしたらあまり気にする必要はないでしょう。
O脚とは対照的に、両膝はくっつくのですが、膝から下のラインが外側に向いてしまっている状態のことをX脚と言います。
これもO脚と同様、脚が外側に向いている際のラインがXに見えることからX脚と呼ばれています。
O脚の多さから比べると、X脚の方は少ないと思いますが、最近では、X脚の女性が多く見られる傾向にあると言われています。
O脚もX脚も、体重のかかる重心がずれているので、足や腰に負担がかかり、腰痛や膝に痛みを感じるようになってしまうのです。
見た目は違うかもしれませんが、O脚もX脚も原因は同じです。
人間は普段の生活の中で、立って歩いて座って寝てという当たり前の習慣を毎日送っています。
日常生活を送る上で、当たり前の行動を行う際の歩き方や姿勢によって、骨に歪みが生じます。
その骨の歪みこそが、O脚やX脚を作り出してしまうのです。
O脚やX脚でお悩みのようであれば、まずは普段の歩き方や姿勢を改善してみてください。
姿勢よく歩くなど、少し意識することを毎日続けるだけでも、歪みは改善されていくはずです。