知らず知らずに骨盤が歪んでいる?

知らず知らずに骨盤が歪んでいる?

あなたは知らずに知らずに骨盤が歪んでいるということに、気づいているでしょうか?骨盤は人の体の土台となっており、体を支える大切な部分であるために、骨盤が歪むと体全体のバランスが崩れてしまいます。
骨盤は、日常生活の中で、生活習慣の癖などによって知らず知らずのうちに歪みを生じてしまっていることが多いです。
骨盤が歪んでいることに気付かずに生活している人も少なくないといわれています。
骨盤が歪んでいく原因としては、椅子に座る時についつい脚を組んでしまったり、片足に重心を乗せて立ったり、長時間の立ち仕事や膝を少し曲げて立つといった動作です。
また、買い物や生活の中で、重い荷物を腰を使って体全体で持つのではなく、手だけで荷物を持ったり、床に座った時に足を横に曲げて座ったりする場合も、骨盤の歪みの原因となってしまいます。
このようなことで知らず知らずのうちに徐々に骨盤が歪んでくると、体の不調に繋がってしまいます。
骨盤が歪んでいると、姿勢が悪くなったり、肩こりや腰痛を引き起こしたり、内臓の働きも悪くなってしまうでしょう。
さらに、骨盤が歪むことで、新陳代謝も悪くなるため、むくみや冷え性、便秘などの原因にもなってしまうのです。
こういった症状がある場合は、知らず知らずに骨盤が歪んでいるかもしれないので、病院や整体で診てもらうといいですね。
それに、骨盤に歪みを生じさせないためにも、日常生活の癖を少し意識して改善してみてください。