骨盤にゆがみがあるかのチェック法

骨盤にゆがみがあるかのチェック法

骨盤にゆがみがあるかをチェックできる方法があります。
まずは、骨盤の高さにずれがないかを診るために、床に仰向けに寝ましょう。
この時に、両足を肩幅に開き、左右の骨盤の位置を確認し、左右の骨盤に親指をのせ、中指を床につけることで左右の骨盤の高さを比べます。
もし、左右の高さが同じでなければ、骨盤がゆがんでいるということになりますね。
また、肋骨と骨盤の間の長さを測ることでも、骨盤のゆがみが確認できるといわれています。
肋骨と骨盤の長さの測り方は、まず、しっかりと背筋を伸ばして、重心をきちんと真ん中に置くように気をつけて正座をしてください。
この時に、左右同じ位置になるように、肋骨の一番下に親指を置き、中指か人差し指で骨盤の上の部分までの距離を測ってみましょう。
片方だけが長い時は、骨盤にゆがみがある証拠ですよ。
右側が長い時には左が、左が長い時には右側に骨盤が傾いてゆがんでいるということになります。
他にも、仰向けに寝転がった時に、左右で足の長さが違ったり、真っすぐ立った時に肩の高さが違ったり、いつも片方の靴の特定部分がすり減るなどの時にも、骨盤がゆがんでいる可能性があります。
骨盤がゆがむことで体全体のバランスが悪くなるので、色んな部分で骨盤のゆがみをチェックすることができるでしょう。
これらはあくまでも簡易的なチェック方法ですが、どれも簡単にできる方法なので、骨盤がゆがんでいるかもしれないと思った方はぜひ確認してみると良いのではないでしょうか。