骨盤矯正のストレッチや運動

骨盤矯正のストレッチや運動

骨盤矯正のストレッチや運動は、自宅でも簡単に行うことができますよ。
最も簡単に誰でもできる運動は、利き足でない方の足の指を動かすことです。
人は利き足に重心を持っていってしまう傾向にあり、骨盤の歪みに繋がってしまっています。
そこで、利き足とは反対の足を意識的に動かして運動することで、骨盤を矯正することができるのです。
運動の方法は、まず、床に座って両腕を後ろについて、軽く支えている状態になります。
そして、利き足とは逆の方の足の指を2〜3分間グーチョキパーと動かしてください。
これだけでも、骨盤の歪みを解消する運動になるといわれています。
この他にも、骨盤矯正の運動としては、床に仰向けに寝て、足を肩幅に開き、膝を直角に曲げた状態で腰を動かす運動があります。
床に仰向けに寝たら、手の平は内側に向けて体の横にくっつけておくように気をつけ、ゆっくりと腰を持ち上げて、5秒ほど停止して、ゆっくりと腰を戻すという動作を繰り返します。
この運動をすることで、骨盤を元の位置に戻すことができるでしょう。
骨盤矯正のストレッチとしては、フラフープを回すように、ゆっくりと左右どちらも20回ずつ腰を回すというのも効果的です。
骨盤矯正というと、整体や接骨院で専門の人にお願いしなくてはできないと思われがちです。
でも、このような運動やストレッチを行えば、自分でも簡単に骨盤矯正ができるので、試してみてはいかがでしょうか。