O脚の治し方

なぜO脚になるの?

O脚は日本人に多く、約90%の人はO脚に悩んでいるそうです。
それでは、なぜO脚になってしまうのでしょうか?そもそも、人は生まれたときは、基本的にO脚です。
それが成長するに従って、自然と矯正されます。
10歳頃になると、特に何もしなくても正常な脚の形になっていくものなのです。
確かに小学生くらいでO脚の子って、あまり見かけないですよね。
その後、色々な原因が重なって、O脚になると言われています。
O脚の原因は、日常生活のちょっとした習慣であることが多いです。
具体的にどんなことかと言うと、
・普段からあぐらをかいていたり、横座りしている。

 

・よく脚を組んでいる
・片足に重心をかけている。

 

・筋力が低下している。

 

・姿勢が悪い。

 

・外反母趾。

 

・出産後。

 

などですね。
これらがなぜ、O脚の原因になるかというと、バランスの悪い体勢を取っていることで、骨盤に歪みが生じるためだと考えられています。
そして、膝や関節に負担を掛けすぎることになるので、歩くのが辛くなってしまう場合があります。
自分自身ではなかなかO脚に気が付かないこともありますから、一度鏡の前に立って確認してみましょう。
O脚であることが確認できたら、自分の生活を振り返り、O脚になりやすい原因を出来るだけ排除していくことが大切です。
また、O脚は軽度であれば自分で改善することも可能です。
自分に合った改善方法をなるべく早くみつけて、ひどくならないうちに改善しましょう。